製造工程

製造工程

一枚板は一つひとつカタチや木目が異なり、同じものはありません。
一枚板工房では、木目や節など自然そのもののカタチを活かし製品作りを行います。

製材

  • 丸太を回転させてのこを入れる角度を決定します

  • 全体の挽き方を考え、ノコを入れていきます

  • 挽きながら間隔や角度をさらに調整します

  • 木を診る目、長年の経験で培った職人の勘がモノを言う工程です

乾燥

  • 桟積みし、風通しをよくして自然乾燥させます

  • 人工乾燥(乾燥釜)で含水率を調節します
    その後外(自然)に戻し、含水率を安定させます

研磨・塗装・仕上げ

  • 木目や節、ひびなどの活かし方を検討します

  • できるだけ自然のカタチを残しながら補修します

  • 機械で板を平らに削ります
    最大長さ6500mm、巾1350mmまで対応可能です。

  • ミミをブラシで削り、きれいにします

  • サンダーできれいに仕上げます

  • 塗装(塗装と研磨3度塗り)を行って完成です

Copyright (C) 2014 一枚板工房 All Right Reserved.