木材のこと

世界各国から仕入れた材木について国・地域別に説明します

北アメリカ地域North America

  • ブラック ウォールナット
    • no image
    • no image
    • no image
    • no image

    ブラック ウォールナットBlack Walnut

    心材は褐色から紫赤色、紫黒色で一般的に色は一様でなくシマ状になり、美しい模様が見られる。 辺材は淡色。肌目は粗、木理はしばしば不規則になり、これが材面の化粧的価値を高める。 衝撃に強く強度と粘りがあり、狂いが少なく加工性や着色性も良い。

    学名 Juglans nigra
    科目 クルミ科、広葉樹
    産地 米国、カナダ東部 蓄積は非常に少ない
    性質 やや重硬 気乾比重0.63
    用途 家具、キャビネット、楽器、化粧単板
  • クラロ ウォールナット
    • no image
    • no image
    • no image
    • no image

    クラロ ウォールナットClaro Walnut

    カリフォルニア一帯に生育するクルミ科の広葉樹。 心材はチョコレート色から濃い赤褐色を呈し、明暗の縞を有する。 幹に大きな瘤を作り、製材したときに綺麗な瘤杢が現れる。 装飾的価値が高く、家具や楽器材、つき板、高級車のダッシュボードなどに利用される。

    学名 Juglans hindsii jeps. Juglans california
    科目 クルミ科 落葉広葉樹
    産地 アメリカ西海岸のカリフォルニア一帯に限られる
    性質 やや重硬で強靭 気乾比重 0.62
    用途 家具、楽器、ツキ板、高級車のダッシュボードなど
  • ブラック チェリー
    • no image
    • no image
    • no image
    • no image

    ブラック チェリーBlack Walnut

    心材は赤褐色、紅褐色で、辺材は白色から淡桃色。 使い込む程高級感ある飴色に変色することから、古くより高級家具材として利用されてきた。 国産サクラ類同様不規則なやや緑色を帯びた条が出ることがある。 材面に傷害の組織(ピスフレック)がある。加工性が良く、木肌は繊細で表面の仕上りは美しい。

    学名 Prunus serotina
    科目 バラ科サクラ属、広葉樹
    産地 アメリカ東部
    性質 やや重硬 気乾比重 0.55
    用途 キャビネット、楽器、高級家具、床板、銃床
  • モンキーポッド
    • no image
    • no image
    • no image
    • no image

    モンキーポッドBlack Walnut

    心材の色は褐色、金褐色などで、濃色の条が見られる。 辺材は黄白色。肌目は粗、木理は著しく交錯する。 加工の際毛羽立つことがある。 乾燥には狂いが出やすい。耐朽性はかなり高く、シロアリに対しても強い。 木理の変化と濃色の条によってできる装飾的な材面を利用する。

    学名 Samanea saman
    科目 マメ科
    産地 メキシコ、中米、南米北部に分布
    性質 やや軽軟 気乾比重 0.53~0.61
    用途 家具、彫刻、細工物、弦楽器胴、化粧単板
Copyright (C) 2014 一枚板工房 All Right Reserved.