木材のこと

世界各国から仕入れた材木について国・地域別に説明します

アフリカ地域Africa

  • ブビンガ
    • no image
    • no image
    • no image
    • no image

    ブビンガBubinga

    心材と辺材の色調差は明らか。心材は桃色、赤褐色で紫色を帯びた不規則な条を持つが、後に赤褐色になる。 木理は通直または交錯。乾燥には長時間必要。心材はシロアリなど虫害に強い。 製材加工は比較的容易。接着良好。ローズウッドの代用で高級家具等に使用される。

    学名 Guibourtia spp
    科目 マメ科
    産地 アフリカ赤道地帯(ナイジェリア南東部~コンゴ)
    性質 重硬 気乾比重0.8~0.96
    用途 家具、キャビネット、化粧単板、象眼、太鼓(日本)
  • ゼブラウッド
    • no image
    • no image
    • no image
    • no image

    ゼブラウッドZebrawood

    心材と辺材の色調差は明瞭。 辺材は白色で心材は間隔が狭く、淡い黄褐色にほぼ黒色の縞が密に配列し、この独特な縞が名前の由来。 肌目は粗で、木理は交錯または波状。生材は臭気を持つ。 乾燥で狂いが出やすい。製材はかなり容易。逆目が出やすく加工は難しい。 接着良好。 心材は耐朽性が高くシロアリなど虫害に強い。

    学名 Microberlinia brazzavillensis
    科目 マメ科、広葉樹
    産地 ガボン、ナイジェリア、タンザニア等に分布
    性質 重硬 気乾比重 0.69~0.84
    用途 家具、キャビネット、化粧単板、器具柄、スキー板
  • ボセ
    • no image
    • no image
    • no image
    • no image

    ボセBose

    心材は桃色、淡赤褐色。 辺材は淡色。 シーダーのような香りを持つ。 肌目はやや粗、木理は通直、波状、または交錯。光沢あり。 加工性がよく仕上がり面は良好。 シリカを組織中に含むため刃物を早く傷める(ホワイトグアレア)。 細かい木粉が皮膚あるいは粘膜に炎症をおこす。

    学名 Guarea cedrata Pellegr
    科目 センダン科
    産地 西アフリカ~ナイジェリア南部
    性質 軽軟 気乾比重0.55~0.70(ホワイトグアレア)
    0.69~0.82(ブラックグアレア)
    用途 キャビネット、家具、内装・造船材、単板、合板
  • コシポ
    • no image
    • no image
    • no image
    • no image

    コシポKosipo

    辺材は灰桃色、心材は桃褐色で木理は交錯しリボン杢が見られる。 美しい紫色がかった色で光により多少濃くなる。 肌目はかなり精、丸太の割れも少なく軽軟な材。 一度乾いた材は湿度の変動に影響されずに変形しない。 サペリやマホガニーの代用として使われる。

    学名 Entandrophragma candollei
    科目 センダン科 広葉樹
    産地 アフリカ
    性質 やや重硬 気乾比重 0.69
    用途 内装, 外装, 家具, ベニア, 船舶など
  • パドック
    • no image
    • no image
    • no image
    • no image

    パドックPadouk

    材面の鮮やかな赤色が特長。 時間を経たほうが木材らしくなる。 心材と辺材の区別が鮮明で、心材は、染めたような真っ赤、辺材は、白色から淡黄褐色であり、赤と白の対照模様。 心材の色合いは均一で、衝撃に強く、加工性が高いなど、優れた材質を備えている。

    学名 Pterocarpus soyauxii
    科目 マメ科、広葉樹
    産地 ナイジェリアやカメルーン、ザイールなどの西-中央アフリカ
    性質 重硬 気乾比重/0.77-0.82
    用途 家具、楽器、フローリング、デッキ材など
  • オバンコール
    • no image
    • no image
    • no image
    • no image

    オバンコールOvangkol

    アフリカ産マメ科の広葉樹。 心材は、黄褐色またはチョコレート色で、灰黒か黒色の縞。 材は重硬で、木理は交錯、肌目はやや粗い。 高級家具材、床材、建具、ツキ板など、装飾的な利用価値が高い。 ブビンガは同属、また、オバンコールはウォルナットに似た印象をもつ木材である。

    学名 Guibourtia ehie J.Leonard
    科目 マメ科 広葉樹
    産地 象牙海岸、ガーナ、ナイジェリア、ガボンなど
    性質 重硬 肌目はやや粗い 気化比重 0.73-0.85
    用途 高級家具材、床材、建具、ツキ板など
  • アパ
    • no image
    • no image
    • no image
    • no image

    アパApa

    収縮は小さく乾いた材の寸度は極めて安定。 圧縮、曲げ強さは極めて大きく中程度の弾性を持つ。 重く非透水性、耐酸性を持ち、耐久構造材としては第1級の材。 橋、桟橋等の海中構造物に用いられることもある。 日本では近年、神社仏閣用材によく使用される。 アフゼリア、ドウシェ、パチロバの別名も。

    学名 Afzelia africana、Afzelia pachyloba、Afzelia bipindensis
    科目 アメ科ジャケツイバラ亜科 広葉樹
    産地 アフリカ
    性質 重硬 気乾比重 0.78
    用途 家具・建築・構造材など
Copyright (C) 2014 一枚板工房 All Right Reserved.